キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

女性が脱毛する文化はいつからはじまったの?夏のムダ毛処理前に知っておくべきこと。

   

Pocket

la-spot_c05
肌の露出が気になるこの時期、そろそろお手入れも本格的に始めなくちゃ?!




1.脱毛の文化


今ではどこの街でも見かける脱毛サロンや脱毛エステの看板や広告。
このムダ毛処理はいつから当たり前になってきたのでしょうか。

脱毛そのものの歴史は古く紀元前だと言われています。

もちろん今のような技術を施したものではなく、貝類などで毛をこすって削っていたと思われます。

古代ギリシャでも女性の脱毛が確認されており、あのクレオパトラさえも脱毛ワックスを使用していたというのですから、驚きです。

original twitter
日本でも平安時代には二枚貝をピンセット代わりに毛を抜いたとされ、江戸時代には遊女の脱毛事情の記述が残っているそうです。

1960年代からは洋装が一般的になり、肌の露出もふえた事から若い女性の間で脱毛が定着しはじめたそうです。

女性は太古の昔から身だしなみを気にし、現代でも変わらない美への追及心があったのですね。

2.脱毛方法


脱毛は一般的に毛を生えにくくする事で、自己処理によるムダ毛のお手入れを、ほとんどしなくていいのが特徴です。

脱毛(除毛)クリームやワックスは単価も低く簡単にお手入れできますが、もちろん永久脱毛効果はありません。

永久脱毛を目指す人は、医療機関やサロンで行われるレーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛になります。

エステサロンで施術されるレーザー脱毛は、比較的痛みもすくなく永久性はないもののその後のムダ毛処理が楽になります。

医療機関で受けられる光やニードルは永久脱毛効果が高いけど、痛み度数も高い!永久性を手に入れるには、それ相当の覚悟が必要になりそうです・・・

3.脱毛箇所


ムダ毛処理をする部位は人それぞれですが、女性の脱毛でダントツで多いのが「ワキ」その次に「腕や足」「口周り」「アンダーヘアー」で
少数派だと「腰や背中」「手足の指」「胸やお腹」のようですが、こうみると、、、髪の毛以外、ほぼ全ての箇所で施術されているのが、わかりますね。

4.脱毛グッズ


脱毛はしたいけど、痛みに弱い人や通うのが面倒なので自宅でするのがいい!って人も多くいますよね?
そんな人には市販で売られている脱毛グッズ!巷ではクリームやワックスが一般的なようで、家庭用脱毛器を使う人もいるみたいです。





カミソリや毛抜きは肌に大きな負担をかけるのでおススメしません!
なるべく自分に合った脱毛グッズを探すのが一番ですね!

5.脱毛トラブル


良かれと思って使ったものが、知らず知らずで後から肌トラブルに悩まされるという事だけは気を付けたいものです。

脱毛ワックスやクリームなど直接肌に塗り利用するタイプは、必ず自分の肌にあっているかセルフチェックを怠らないこと。

怠ると炎症をおこし肌もガサガサ荒れます。カミソリや毛抜きは肌の黒ずみ、埋没毛の原因になります。エステサロンに通うほうがトラブル回避できる?

と思い始めたアナタ、あなどるなかれ!やはりエステサロンでも大なり小なりトラブルが起きます。

「なんだかんだ言われコースを終わる頃には想定していた予算をオーバーしていた」や「無料体験コース後しつこい勧誘にあった」など肌以外のトラブルに巻き込まれることもあるので、最新の注意と、再三の確認を行うことで、これらは少し回避できるかもしれません。

人気や口コミだけを鵜のみせず、自分の目で確かめることも大事です。


男性も、毛がある方がワイルドに見えたり、男らしく見えたりする反面、国によっては不衛生だとされムダ毛の処理は身だしなみだと考えるので、海外へお出かけの際はその国の「ムダ毛事情」を勉強しておくといいかもしれませんね。

スポンサードリンク
 

 - 美容と健康