キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

塩辛じゃがバター以外にもまだある?地元しか知らない北海道スイーツ&夏の食べ物!

      2016/07/01

Pocket

しっとりバウムhibarigaoka 
 北海道は、スイーツ作りが盛んで、毎年、大会なども開かれる、スイーツ天国です。
観光地でもあるため、百貨店やお土産屋さんにもたくさんのスイーツが並んでいます。
有名なお店は、道外の人たちもご存知でしょう。
最近は、北海道まで足を運ばなくても、インターネットで買える時代になりました。
その中から、お奨めのお店やスイーツを紹介したいと思います。




1. 北菓楼 砂川本店


北菓楼 本店は、砂川市という札幌から車で国道12号線を旭川方面に1時間程走ったところにあります。

町の中心に近づくと、左側に看板が見えてきます。

北菓楼のソフトクリームはとても美味しいです。他の支店では、売られていない所もあります。

blog_import_53f6df065396d
お菓子販売の他に、すぐ隣には、喫茶があり、ケーキセットや、オムライス等が、低価格でいただけます。

kitakarou
北菓楼はバウムクーヘンで有名です。砂川本店には、喫茶の他、ギャラリースペースがあり、本店でしか楽しめない所もあります。
北海道で北方面にご旅行の際は、ぜひ、お立ち寄りください。

2. 江別 ジェイスイーツたしろ屋


札幌市の隣のベッドタウンと呼ばれる江別にある、たしろ屋は、あんことバタークリームが入ったどら焼きのような「もんよう」が人気です。

2016y06m07d_162839375
tash
江別市内のスーパー等でも購入できますが、市外に出ると、なかなか手に入りません。
「もんよう」をぜひ、北海道土産にいかがでしょうか。

ケーキ屋さんなので、たくさんのきれいなケーキが売られています。
ケーキもなかなかの美味です。 江別駅から車で2~3分の所にあります。

2016y06m07d_162728185

3. 北海道の夏においしくいただける食べ物


北海道は、冬は、雪が降る為、野菜や果物の値段が高騰します。
冬の間は道外から輸送された野菜などを主に食べています。
しかし、夏になると、畑や、ビニールハウスで取れた野菜が、産地直売所(略:産直)で、
スーパーよりも安い価格で大量に買うことができます。

中でも、一番人気は、「とうきび」でしょう。北海道の「とうきび」は、とにかく甘くて、
美味しいです。よく、札幌市大通公園で夏になると焼いた「とうきび」が売られています。

そちらも美味しいですが、ぜひ、産直で購入して自分で茹でて食べてみてください。




「朝取りとうきび」は絶品です。産直では、メロンも売られています。
赤肉も青肉もあります。
赤肉のほうが、美味しそうですが、青肉も負けず劣らず美味しいです。
北海道では、夕張と富良野のメロンが有名ですが、産直のメロンも甘くて美味しくて、安いので、
道民は、産直のメロンで十分なのです。



そして、「とうきび」に負けずと、朝、早くにほぼ完売してしまうのが、「とまと」です。
「朝取りとまと」も美味しいです。
そして、産直にはもちろん、「じゃがいも」もあります。「じゃがいも」は種類が多いです。
産直では、北海道産のものや、昔からあるものまで、お店にもよりますが、種類も豊富に
そろっています。いくつかピックアップしてみました。

・きたあかり・・・黄色で甘く、煮崩れしやすい
・インカの目覚め・・・濃い黄色でサイズが小さく、煮崩れしない
・男爵・・・定番の丸い本来のじゃがいも
・メークイン・・・長細い卵型、煮込み料理に合う

初めの2つは、北海道で主に作られています。特に、インカの目覚めは、ここ数年で、
名前が知られてきた、注目のじゃがいもです。




北海道の、じゃがいも料理を2つほど、ご紹介します。

・いももち・・・じゃがいもに、片栗粉や小麦粉を混ぜてフライパンで両面を焼いて、
最後に味付けとして、砂糖醤油などをつけて出来上がりです。観光地や、スーパーでも
どこにでも販売しているほどの北海道の定番品です。冷凍食品もあります。

・塩辛じゃがバター・・・その名のとおりじゃがバターの上に塩辛がのっています。
函館が発祥の地です。
北海道のお店でじゃがバターを頼むと塩辛もついてきます。
マヨネーズを使っても美味しそうですね。


北海道には、まだまだ美味しいものがたくさんあります。
今度ぜひ、美味しい食探しをしてみてはいかがでしょうか。


スポンサードリンク
 

 - 観光と散歩とグルメ