キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

夏休みもあとわずか!残った宿題どうします?夏休みの自由研究 ベスト6 小学校低学年編*

   


PHM17nes
子ども達にとって楽しい夏休みですが、ちょっと大変なのが宿題ですね。
その中でも、「自由研究」は、大がかりなイメージがあるようで、後回しにしてしまうこともあるようです。
でも、「自由研究」なので、なんでもいいんです。
お子さんの興味のあるものを題材に、作成してください。
そこで今回は、親のサポートが必要な低学年にしぼってまとめてみました。





1. まず、ペットなど動物の行動の観察です。


犬や猫、鳥等のペットを飼っているお家も少なくないでしょう。これは、飼っているペット等の動物のとる行動などをまとめるものです。

動物は、思いがけないおもしろい行動をとる場合があります。
動物の行動には意味がありますが、低学年なので、その意味には言及せず「おもしろ行動」としてまとめると、見る人を引きつけるでしょう。

夏場では、カブトムシやクワガタ、スズムシなどの昆虫を飼うこともあると思います。
昆虫の場合は、食事のしかた、歩き方等の観察をするとまた違った味わいがあります。

もし、飼っている動物がいない場合は、「庭や公園で見つけた昆虫」などでも素敵な研究ができますよ。


2. あさがおやひまわりの観察とたねの収穫

 

これは、植物の観察の定番ですね。
あさがおや、ひまわりは夏限定で、学校の教材等でも扱われておりおなじみです。

これらの成長や花の観察は、研究の第一歩です。
そこで、夏休みでは、もう一つ踏み込んで、種ができたら収穫をして、その様子(種がどこに、いくつできたか、形など)を加えると深みのある観察記録ができますよ。
そして、その種は、来年もまくことを目標にするとよいでしょう。


3. 野菜の栽培とクッキング


「にんじんや大根の切れ端を使ったり、簡単に栽培できるミニトマトを育てて収穫し、それを使ったお料理をして食べる」という盛りだくさんの研究です。

「食材の育成・収穫・自分の栄養にする」という人間の生きるための営みを体験できます。
ここでは、にんじんや大根の葉の作り方についてご紹介いたします。

〈作り方〉
(1)にんじんや大根の頭を2~3cmぐらいの厚さに切ります。
(2)深さ1㎝ぐらいの水を入れた容器に浸します。
(3)日光のあたる場所に置いて、朝夕1日2回、水を取り替えます。
※雑菌の繁殖予防のため、2日に1回、容器を洗います。
1週間~10日で収穫可能となります、そして、収穫できたら、親と一緒に料理して食べましょう。そこまでが研究の範囲です。


4. 「磁石につくものを調べよう または、 水に浮くものを調べよう」

「糸電話の聞こえ方しらべ」   

これは、実験型の研究です。「何か実験をしてみたい」子には、磁石や水を使った実験が、簡単にできてお勧めです。
  
  〈やり方〉
(1) いつも使っている文房具や食材、金属類など身近にあるものを色々と準備します。
(2) 磁石や、水を張った桶やバケツを用意して調べます。
くっつきそうでくっつかないものや、浮きそうで浮かない物があることが理解できるだけでなく、親子でのいろいろな会話が弾むと思います。きっと楽しく実験ができそうですね。
その他、研究+遊べる研究として、糸電話があります。
紙コップで糸電話をつくり、聞こえ方をまとめます。まとめ終わったら、遊び道具に変わりますが、とりあえず学校に提出するまでは、壊さないように注意ですね。


5. 「電車と○○でお出かけの記録や 家族とおでかけ(旅行)のきろく」


これは、社会科系の研究です。
長い夏休みの中で、家族とお出かけした体験を研究テーマにします。
これは、「社会の中での体験」を通して、子どもの目を社会にも向けさせ、幅を広げる事が目的です。

たとえば、「◯◯までの旅」としましょう。

まとめ方としては、

調べたこと
電車やバスの路線の名前、道順を調べた。
調べたきっかけ
家族で○○に行ったから
調べた日
8月3日
結果
8時30分出発
・家からA駅まで 歩いた
・A駅から X電車でC駅に行った。 
・C駅から Zバスに乗った→Dバス停
・Dバス停から 歩いた
  10時25分到着
・◯◯についた

1年生は
駅やホーム・車等の写真や絵、一言感想などを入れます。
2年生は
電車の出発時間や所要時間を書き入れます。そして最後に感想です。

お出かけでない物であれば、「参加した地域の夏の行事」または、「お出かけ先の夏の行事」などもおもしろいと思います。



6. 自分の好きなもの調べ


  
そして、最後は「自分の好きなもの調べ 」です。

子どもの大好きなものを調べ学習とします。
たとえば、好きな乗り物(自動車、電車、飛行機、船等)や、好きなスポーツやならいごと(野球、バレエ、ダンス等)、好きな生きもの(恐竜など)等なんでもよいのです。

まとめ方としては、
調べたこと
○○の名前や形を調べた
調べたきっかけ
テレビで見てかっこよかったから
調べた方法
図書館で○○図鑑を調べた
わかったこと
××ということがわかった  が基本でしょうか。

そして、低学年の研究を進める上でのポイントは?

1年生は
説明はなくて大丈夫です。名前と絵を描きます。
2年生は
より詳しく調べたことを書きましょう。

お子さんが好きなことについて、絵を描いたり調べたりしましょう。
難しいことをたくさん書く必要はありません。


とにかく、低学年の自由研究は、ほかの宿題のように親の手助けが必要です。
 つい、いろいろ教えたくなりますが、そこはがまんです。
「調べて面白かった!」と思えるサポートをお願いいたします。

スポンサードリンク
 

 - カルチャー