キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

女性の薄毛は原因が複雑!AGA処方では効かない瀰漫(びまん)性脱毛症とは?

      2016/07/01

Pocket

c696ce9df877_mtotal-beauty 
男性特有の悩みだと思われている「薄毛」の悩み。実は多くの女性が悩んでいて、ここ数年は増加傾向にあるといわれています。
ここをご覧の方の中にも「実は……」という方も多いのではないでしょうか。
女性の薄毛、タイプはどんなものがあるの? 治療方法は?今知りたいハテナを調べてみました。





女性の薄毛のタイプ


次にあげる5つのポイントが、女性に多く見られる薄毛のタイプです。

1. 頭頂部の地肌が目立ってしまうタイプ … ひこう性脱毛症/しろう性脱毛症
2. 分け目が薄いタイプ … 牽引性脱毛症
3. 頭全体の髪が薄いタイプ … びまん性脱毛症
4. 産後に髪が薄くなったタイプ … 分娩後脱毛症
5. 円形もしくは楕円形に髪が抜けているタイプ … 円形脱毛症

最初に、それぞれの抜け毛の特徴と原因を紹介します。

頭頂部の地肌が目立ってしまうタイプ


頭頂部に近い頭皮の部分の髪が薄く、頭皮が目立ってしまうタイプの薄毛です。
この「頭頂部が薄い」という見た目が同じ症状でも、「粃糠(ひこう)性脱毛症」と
「脂漏(しろう)性脱毛症」の2種類があります。

粃糠(ひこう)性脱毛症


かさぶた状の乾燥したフケが出ることを特徴とします。

そのフケが毛穴をふさいで炎症を起こし、毛の成長ができなくなります。

シャンプーが合わなかったり、不規則な生活をしているとフケが出てくることもあります。

頭皮の油が気になって頻繁にシャンプーをしたり、必要以上にゴシゴシ洗ったりすると、頭皮を痛めるので逆効果です。
シャンプーは1日に1回、優しい力で頭皮をマッサージするよう行うのがいいでしょう。

脂漏(しろう)性脱毛症


頭皮に皮脂が過剰に分泌されるために起こります。
脂漏性皮膚炎(脂漏性湿疹)を引き起こす可能性もありますので、早めのに対処しましょう。

脂漏性脱毛症の原因は、頭皮の脂汚れが原因です。定期的にシャンプーをしない、頭皮に合わないシャンプーを使っている、すすぎが十分でなかったりすると、頭皮の皮脂が過剰に分泌されてしまいます。
悪化すると脂漏性皮膚炎になることもありますので、早めに医師の診察を受けましょう。

分け目が薄い、牽引(けんいん)性脱毛症


髪の長い方に多いのが牽引性脱毛症です。まとめ髪をするために、ポニーテールなどの髪を引っ張るようなヘアスタイルをしているのが主な原因です。少々の引っ張りでは髪は抜けません。

しかし長時間継続して引っ張られることで、頭皮に負担がかかり抜け毛の原因になること
があります。

薄毛が気になりだしたら髪に負担がかかるようなヘアスタイルは避け、適度な頭皮マッサージなどで結構をよくし、頭皮環境を整えましょう。

全体の髪の毛が薄い、瀰漫(びまん)性脱毛症


女性の薄毛の原因としてよくあげられているのが、この瀰漫性脱毛症です。男性型脱毛症(AGA)と違い、髪全体が均等に脱毛して毛髪が薄くなるので、脱毛部の境界線がはっきりとしません。

40歳以降の女性によくみられ、ストレスや極端なダイエット、間違ったヘアケア、乱れた食生活などが原因としてあげられます。

産後に髪が薄くなった、分娩後脱毛症


こちらも女性の薄毛の原因として多くあげられます。
産後に一時的に髪が薄くなるのが特徴です。

妊娠中はお腹の中にいる赤ちゃんに栄養を与えるため、妊娠後期にはエストロゲンなどの女性ホルモンによって成長期を維持してきた頭髪が、出産後一気に休止期に入ってしまいます。
そのために産後にはよく薄毛の症状がみられるのです。

円形もしくは楕円形に頭髪が抜けてしまう円形脱毛症


文字通り、円形・楕円形に脱毛してしまう症状です。
ある日突然髪の毛が抜けます。脱毛するのは1ヶ所から数か所の場合もあります。

また、頭髪だけでなく、体全体の毛が抜けてしまうことがあります。
原因は、免疫機能を担うリンパ球の働きの異常とされており、「自己免疫疾患」と考えられています。発症のきっかけはアレルギー疾患やストレスなどさまざまです。

ストレスを受けると血行が悪くなりがちです。
そうすると毛根に栄養が届きにくくなります。
そのため健康な髪が生えづらくなってしまうのです。
ストレスが多い方や、ストレスを発散するのが苦手な方にみられることも多いです。

口コミ 最近抜け毛が増えてきて心配になり、
思い切って購入!おもに揉みだし機能を使っています。抜け毛は若干減ったような…。洗い上がりは確実に軽くなりました。若干重めですが、使うのに問題はありません。しばらく頑張って使ってみようと思います。



40代からの薄毛


髪のピークは20代といわれています。太さのピークは35歳頃です。
その後は密度や太さとともに衰えていきます。30代後半くらいから髪に「うねり」が目立
ってきます。

そして40代になるとハリやコシがなくなって、抜けや薄毛、そして白髪が目立ってきます。
これを「髪の加齢変化」といいます。

これは体の中にあるホルモンの量が、加齢と閉経によって作られる量が減ることによります。
女性ホルモンは40代で急激に減少します。

毛髪と関わりが深い女性ホルモンであるエストロゲンは、毛髪を育て維持する働きがあります。
そのため、ホルモンバランスが崩れることが、ヘアサイクルに影響するのです。

ホルモンバランスの変化は加齢とともに誰にでも起こります。
しかし、日々の習慣を改善することで脱毛の量を減らすこともできます。

毎日の生活を見直して、綺麗な髪を維持していきましょう。

薄毛の予防法


若い世代の薄毛・抜け毛の原因の一つが無理なダイエットです。

美しく健康な髪の毛を維持するためには、女性ホルモンのバランスが
整っていなければなりません。

40代からの薄毛の項でも述べた通り、女性ホルモンの一つであるエストロゲンが、髪を健全に成長させるのに重要な働きをしているためです。

また、健康で美しい髪をつくるために、十分な栄養も必要とします。
ダイエットだけでなく、偏食によって栄養バランスが崩れたり不足すると、薄毛や抜け毛を招いてしまうことになりかねません。

適度な運動と、栄養を考えたダイエットならば構いません。
極端に食べる量を減らす、偏った食べ物だけで痩せるダイエットは、栄養バランスやホルモンバランスを乱れさせる原因になります。

また自室神経の乱れやストレスを招く結果にもなりかねません。

自律神経が乱れると血流が悪くなり、頭皮と髪に栄養が行き渡らなくなり、ヘアサイクルが乱れます。

毛髪のためにも規則正しい生活と、バランスの良い食生活を心掛けましょう

そしてもう一つ重要なのが、シャンプーの方法です。
意外と正しいシャンプーの方法を知っている人は少ないのではないでしょうか。

頭皮は顔の皮膚と繋がっており、似た性質を持っています。
とてもデリケートで、乱暴な洗い方をするとすぐに傷がついてしまします。
顔を洗うのと同様に、やさしく洗ってあげましょう。

つまりシャンプーの選び方も重要で、洗浄力の強いシャンプーはその分頭皮の負担になります。
刺激も強く、炎症を起こす原因にもなりかねません。頭皮は弱酸性です。シャンプーも弱酸性のものを選ぶとよいでしょう。

頭皮を健康に保つために、2度洗いを推奨します。

1度目は表面の汚れや整髪料を落とすため、2度目はヘッドマッサージをしながらゆっくりとシャンプーの泡を毛穴まで落とし込みます。
2度めのシャンプーの量は、頭皮への刺激を軽減するために半量程度にするとよいでしょう。

また、洗う際には指先や爪を立てたりせずに、指の腹で優しくマッサージするよう、上から下に洗いましょう。

洗髪は1日1回がベストです。
薄毛や抜け毛などの皮脂トラブルに悩んでいる方は、アミノ酸系シャンプーを使用することをおすすめします。

髪は女の命です


髪の毛は女の命です。いくつになっても美しい髪のままでいたいですよね。
そのためには、日々の正しい生活と、毎日の「適度の」シャンプーが欠かせないようです。

頭皮を健康&清潔に保って、素敵な髪と毎日をすごしてみてはいかがでしょうか。

口コミ 髪の毛が細く、特に夏、夕方になると頭頂部の地肌が目立ってしまい気になっていました。 効果が不安だったのでとりあえずシャンプーのみ購入。まだ使用して2.3度ではありますが、抜け毛が少なくなった気がします。それにワンプッシュで十分泡が立つのでもちが良さそう!あと朝セットする時が全然違います。以前はセットした段階で前髪ペシャ、地肌がもう見え隠れって感じでしたが、こちらを使用してからは前髪から頭頂部にかけてフンワリしています。さすがに夜まで完璧ってわけにはいきませんが、気になる生え際も全然目立たなくなりました!トリートメントなど、これから揃えていくつもりです♪



スポンサードリンク
 

 - 人の悩み