キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

肩こりにはストレッチが効く?いえいえ水泳がいちばんでしょ!

      2016/07/01

Pocket

pic_symptom01sagasitai
みなさんは、デスクワーク等の仕事に長時間ついていて、体がガチガチになった経験はありますか?
どこかのCMのように、体全体が岩石?のようになってしまう・・・オーバーな表現かもしれませんが、こりに悩まされている日本人はかなり多いのです。
その代表格が「肩こり」です。
昔は、肩こりは年齢を重ねた人のものと思われていたところがありますが、今や若い人にも多く現れています。
そこで、今回はこの「肩こり」についてまとめてみました。





1. 肩こりは日本人だけ?


以前「肩こり」は、日本を始めとするアジア人は、欧米人に比べて筋肉
量が少ないために多いという話がありました。
しかし、実際は、日本人だけでなく多くの外国人も悩んでいる症状なの
です。

それは、オイルマッサージ等の起源がヨーロッパ(主にドイツやスウェ
ーデン)であり、その国の国民からニーズがあったため発達しました。
この事からも外国人もこりに悩んでいた人がいたと思われます。
                        

2.肩こりの原因と対処法

 

では、肩こりはどうして起こるのでしょうか?

原因は大きく分けて4つあります。

一つ目は、
同じ姿勢でのデスクワークや眼精疲労によるものです。
パソコン等に向かって同じ姿勢でいると、筋肉の緊張をおこします。
また、目を酷使することで、肩こりを引き起こす事があります。
 
二つ目は、
運動不足による筋肉疲労や血行不良です。
普段から体を動かしてないと、筋肉の緊張や疲労が起こりやすく、血行
不良にもなり、肩こりが起きやすくなります。

三つ目は、
ストレスによるものです。
体や心にストレスをうけると、筋肉を緊張させる自律神経が活発化しま
す。そのため、肩こりが起きやすくなります。

四つ目は、
寒さによる方の筋肉の緊張と自律神経のみだれによる物です。
寒さは方の筋肉の緊張を促します。そのため、自律神経も乱れ、肩がこ
ります。

また、肩こりを伴う疾患として、肩関節周囲炎(四十肩・五十肩)、
変形性頸椎症、高血圧、更年期障害、狭心症、心筋梗塞等がありますの
で安易に考えるのは禁物です。

それでは、どのように対処したらよいでしょう?
先ず、日常でできることは、運動をして全身の筋肉をほぐし強化するこ
とです。

定期的な運動は全身の血行をよくし、こりの緩和に効果があります。
特に、水泳(クロール)は効果が期待できます。

口コミ 162cm、55キロ、30歳です。11Lを購入しました。太ももが筋肉質&脂肪で太く、直径52cmなんですが11Lで入りました。履くときはきつきつだけど泳ぐと水で緩んで全く平気でした。チャックの開閉もスムーズだし、めくれ防止フックも取り外し簡単で良いです。3000円以下なのでどんなものか不安でしたが、週に2回、1回につき2H程度泳ぐには十分すぎるクオリティだと思います。生地やチャックが傷んだら嫌なので、施設の水着脱水機は使用してません。自宅でネットに入れて洗濯機でガンガン洗ってますが問題なしです。買ってよかったです!


次に、肩や首を温めることです。温めることで、血行がよくなり肩残り
が緩和されます。蒸しタオルや、カイロ等を用いるとよいでしょう。

そして、仕事中の工夫です。定期的にショートタイムでよいですので、
ストレッチや、目を休める等工夫をして、できるだけ肩の緊張をほぐ
します。

次にその他の対処法をご紹介します。
まず、入浴で血行をよくします。38~40℃の温めのお湯につかることに
より体のない部から暖まり血行がよくなります。

また、これに合わせて、ほどよい刺激のマッサージをすることも血行を
よくします。

そして、状況によっては、市販薬の使用、そして、場合によっては医療
関受診もあります。

肩こりの原因の中には、内臓系の疾患が潜んでいることもありますので
痛みが続くようでしたら早めに受診されることをお勧めします。

                                
 

3. 肩こりになるまえの有効なストレッチ

 

こったかな・・・と思ったらストレッチですっきりしましょう。
その場でできる簡単ストレッチをあげると、

・両手を組んで、背伸びをします。
 このとき、後ろの法に剃ると効果的です。

・片手をヨコに向け、反対の手で、ヨコにした肘をひっぱります。
 反対側もやります。

・頭の後ろで量腕の肘をつかみます。
 そして、右、左とヨコに引っ張ります。

・両手を後ろに組み、ひじを曲げないようにしてそのまま上のほうに
 のばします。

これらは、みなさんも知っているポピュラーな方法です。
でも、意外に効果的ですので、ぜひトライしてみてください。

                         

4. 急な痛みの即効薬

  

筋肉の疲れを解消したり、血行をよくさせるためには、ビタミンB群
(B1やB12等)やビタミンEを摂るとよいとされています。

市販薬の多くはこれらの成分が含まれており、即効性のある薬も増え
てきました。

そこで、人気の市販薬を探してみました。

まずは、内服薬ですが、代表的なものとして、

コリホグス錠(小林製薬)です。
これは、筋肉を和らげ、痛みをとることに主眼をおいたものです。

次に外用薬ですが、
サロンパス(久光製薬)
バンテリンコーワパップ(興和)
ゼノールエクサム(大鵬薬品工業)

などがあります。
これらはビタミンEや消炎鎮痛薬が配合されており即効性があります。

このほかにも、いろいろな内服薬や外用薬があります。
自身の症状に合わせて購入することが大切ですが、肩こりには、内臓
疾患のサインである場合もありますので長引く場合は、素人判断せず、
ぜひ医療機関にご相談ください。



5.外科的手術が必要と思われる症状

          

温存療法(薬等)で「かなり様子をみてきたが全く改善しない」と言う
方も以外に多いです。そして、「改善しないどころか益々ひどくなる」
方もいます。

たとえば、関節リウマチや変形性関節症等では、人工関節の手術が近年
多く行われてきました。関節の破壊が強い場合等に用いられます。

その他の疾患にもいろいろあるようです。
自身の生活の質を上げるための、一つの選択肢となると思います。
主治医とよく相談して決定することが重要です。
  

「たかが肩こり、されど肩こり」です。甘くみてはいけません。日本人
総肩こり時代に入らないように御身大切にしましょう!






スポンサードリンク
 

 - 美容と健康