キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

川越の観光を1日で満喫!圏央道を使って小江戸を散策しよう

      2016/06/05

Pocket

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


川越・・誰もが一度は耳にしたことがあるはず 首都圏から10K圏内にあり車や公共機関ともにアクセスに大変便利な場所です 江戸時代に城下町としてさかえ小江戸川越と呼ばれるようになり人気の観光スポットです。
川越のシンボルとされる【時の鐘】は NHK連続テレビ小説の舞台となり、一躍その名を 広めました。
さあ!これからその川越を一緒に散策してみましょう。

スポンサードリンク







1.川越までのアクセス  


・川越は首都圏からアクセスが大変充実しています。
東武東上線西武新宿線埼京線と公共機関の乗り込みも多く車で行く場合も、 国道254号線(川越街道)をひたすら川越に向かって走るだけです。
今まで関越自動車道川越インターからのアクセスだけでしたが、 圏央道川島インターからのアクセスも出来て、さらに便利になりました。

・観光名所の近くには有料ですが駐車場も充実しており、また市で経営する無料の駐 車場に止めれば、市街地の観光地を回る巡回バスがあります。
また無料駐車場から徒歩でもさほどかからずに観光地をまわることもできます。無料駐車場→(バス5分・徒歩11分)→川越氷川神社 無料駐車場→(バス10分・徒歩14分)→蔵造りの町並み 無料駐車場→(バス11分・徒歩16分)→菓子屋横丁 などがあります。 無料駐車場は国道254号線沿いにあるあぐれっしゅ川越(農産物直売所)の駐車場に 併設されています。

こちらのバスは有料ですが、観光に便利な1日フリー乗車券(大人500円 子供250 円)を買えば1日お得に観光を満喫できることと思います。
小江戸巡回バスで検索するとバスの時間や観光ルートなどを見ることができます。

2.川越の穴場スポット  


川越 には沢山の神社・美術館があり、食べ歩きや散策など、町並みそのものが観光スポットです。あらかじめ行きたい場所を決めておいてルートをきめるのもよいと思います。
個人的なお勧めは 喜多院の五百羅漢です。(巡回バス 喜多院 徒歩3分) 正確には533体の羅漢像と釈迦如来、文殊菩薩など528体が鎮座しています。

五百羅漢 出典http://www.bell.jp/

私は、五百羅漢は ずっと500体と思っていて、おおきな間違いでした。
ちなみに 、ここに立ち並ぶ石仏は表情やポーズがみな違い、見がいのある石仏です。これも言い伝えなのですが夜中にこっそり羅漢様の頭をなでると一つだけ温いものがあります。
それは亡くなった親の顔に似ているというお話があります。
温かい羅漢さまを一人ずつ観ているとそれだけで1日がおわってしまいそうです。




3.川越のグルメスポット  


・さて、川越は小江戸として 人気の観光地。商店街の方々も街づくりに力をいれて
いるので食べ歩き観光もできる場所です。
名物の紫芋を使ったソフトクリーム(菓匠右門)はお芋の味がしっかり味わえて絶品です!

imosoft 出典http://tabelog.com/

そして、観光地からは少し離れていますが本川越駅からすぐの知る人ぞ知る ラーメン頑者。
いつも大行列のできるつけ麺のお店です。

行列ができているので、初めていった方にもすぐに場所がわかるくらいです。
ちょっと待ち時間が長いですが、せっかく観光に行くのですからぜひ1度味わってみては
いかがでしょうか。

ラーメン 出典http://tabelog.com/

川越一番街((蔵造りの町並み(菓子屋横丁へ向かう通り))には、カフェや
甘味処がたくさん!
もちろんお食事もありますので迷ったら外観で決めて入ってみるのもありです。

4.川越のお土産   


・川越を堪能したらおみやげですね。 菓子屋横丁にあるながーい麩菓子。
長さは95cm! 子供さんや修学旅行の学生さんに大人気です。

fugasi
他にも和風雑貨店が多いのでてぬぐいや古風ストラップなどもおすすめです。
また、神社でのお土産も見逃せません 。川越氷川神社は、縁結びの神様と
して有名です。

hikawa 出典http://www.travel-basket.com
朝8時から1日20個限定の縁結び玉を無料配布してます。
他に、良縁あい鯛おみくじなど、若い女性でなくても!人気アイテムです。

縁結び玉 出典http://www.travel-basket.com

ちなみに、私もここで結婚式をあげましたちょっとよけいな情報でしたね。

まだまだ川越の魅力は語りつくせませんが 皆さまぜひ川越におこしくださいませ!


スポンサードリンク
 

 - 観光と散歩とグルメ