キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

いまさら香水なんて・・ちょっと待って!あのイケメンや女優たちはやっぱりつけてました!

      2016/06/14


imgrc0063036833
ふとすれ違った人から香ってくる素敵な香り、香水。そんな香水に憧れてはいませんか? 性別にかかわらず、男性も女性も気軽に香水を楽しんでみましょう。





1. 香水の歴史ってどういうの?


香水「Parfum」の語源は、ラテン語の「Per Fumum」(煙で)という意味からきているそうです。その名前から、宗教儀式などで焚かれる白檀や乳香などの香料が想像されます。その昔、これらの香料は金や宝石と同じ価値を持っていました。

香水の歴史はアルコールが発見された10世紀頃から本格的に始まります。

10世紀頃の中世イスラムの世界では、錬金術が盛んでした。その一つとして作られた蒸留器でバラを蒸留するようになります。そして作られたのがローズオイルとローズウォーターでした。

同時期、こちらも蒸留器からアルコールが蒸留できることが知られます。そこで出会った幸せが、今日の香水に通じているのです。

諸説ありますが、これが香水の原型のひとつです。

そして悪名とともに香水産業が花開いたのは、17世紀、ベルサイユ宮殿で有名なルイ14世。
彼は香水好きの皇帝として有名でした。

2113
貴族たちも、お風呂に入る習慣がなかった体臭を隠すために香水を好んで使いました。
また、革製品の匂いを消すための香料となる、ジャスミンやローズなどが盛んに生産されるようになります。

時代は飛んで、近代。合成香料の登場がセンセーショナルな幕開けをします。
1921年「シャネルNo.5」
これによって、香水の歴史は塗り替えられました。
「シャネルNo.5」の登場により、合成香料の全盛期がはじまることとなります。

2014_1016-photo2
ところが最近では、香水も自然回帰へのムーブメントが活発で、天然香料100%の香水も作られるようになりました。
環境問題や香料の産地のフェアトレードなど、現代社会が抱える問題と向き合いながら製品が作れられる時代となっています。

2. 香水のつけ方が知りたい!


つけ方の前に、まず香水の種類を簡単に説明します。香水には大きく、香りの強さの順に
「パルファム」「オードパルファム」「オードトワレ」「オーデコロン」です。

パルファム

濃度15~25%で、持続時間は5時間から半日です。かなり香りが強いので注意が必要です。主にパーティなどにつけていくのがふさわしいとされます。タブーなのはお葬式。会社にも控えたほうがよいかと思います。
パルファムのつけ方は「点」。一滴を肌に落とすようにして使用してください。

オードパルファム

濃度 10~15%で、持続時間は5時間から12時間くらいです。パルファムより濃度が落ちますが、品格がありオードトワレの爽やかさも持ち合わせています。

それでも結構香りますのでこちらもつけすぎには注意が必要です。
オードパルファムのつけ方は「線」。とはいってもスプレータイプが多いので実際には難しいです。1~2プッシュで十分だと思います。

オードトワレ

濃度 5~10%で、持続時間は2時間から4時間くらいです。カジュアルに付けられる香水です。普段使いに最適で、会社につけていくのにもオススメです。

オードトワレのつけ方も「線」。これもまたスプレータイプが多いので難しいのですが、線を意識してつけるのが吉です。2~4プッシュ程度で。持続性がそれほどないので、4、5時間したらつけ足しても大丈夫です。

オーデコロン

濃度 2~5%で、持続時間は1時間から2時間くらいです。
かなり爽やかで香りが薄いものがほとんどです。香水をつけるというよりも、リフレッシュに使うようなイメージです。

スポーツの後やお風呂上がりにおすすめです。
オーデコロンのつけ方は「面」。
ライトな香りなので、あまりつけすぎをきにせずに使用できます。

また、手首でこすってから……というのをテレビなどでよく見ますが、それはNG。
香りの粒子が潰れてしまい香りが長持ちしません。
香水本来の香りも楽しめないので、香水をつけたらこすらないように注意してください。

香水の香りは3段階に変化します。

トップノートは、つけてから5~10分ほど。
第一印象になる香りです。軽くてパンチのある香料が使われる事が多いです。
ミドルノートは、つけてから30分~1時間くらい。

香水の核となる部分で、その香水の個性やテーマが最もよく表されている香りです。
ハートノートともいわれています。
ラストノートは、いわゆる「残り香」です。ベストノートともいわれています。

香水は時間の経過やつける人によって香り立ちが異なります。
香水を選ぶ際には、つけてから30分程度時間を置いて、香りの変化を確認するとベストです。

そのため、出かける直前のプッシュはNG。
つけてから30分~1時間後が最高のフレグランスタイムなので、出かける30分前くらいにつけるのがベストでしょう。

男性でも女性でもつける場所は共通です。基本は適度な熱を発し、紫外線に当たらないところです。
紫外線にあたるとアルコールが変質し、悪いと肌にシミを残してしまうこともあります。

香りすぎを防ぐためにも、なるべくおへそから下の位置につけるようにしましょう。
オススメなのはウエストか内もも。体温が高い場所であり、紫外線にも当たりづらい場所です。
鼻から遠いのでほのかに香ります。
ただし、内ももは肌が弱い場所でもあるので敏感肌の方は注意してください。
つけ直しをする際は、アキレス腱かひざ裏の静脈の上をオススメします。

3. 香水のエチケット


香水をつけて行ってはいけないところ、それはお葬式・お見舞いです。
料亭やレストランなど食事を楽しむ場所にもつけていかないのが無難です。
また、接客業では香水をつけていってはいけない職場が多いです。

香水は、あくまで不快な匂いをさせないためのひとつの手段です。それを忘れないで下さい。

4. 人気香水ランキング!


まずはメンズ香水ランキングベスト3

 1位 … ブルガリ プールオム EDT


口コミ メンズ特有のキツさ(何というか、メンズ!って感じのあの匂い、私は苦手)が微々たる存在感でそれが苦手な人でも安心していけると思います。メインに感じるのはシトラスが入ったエレガントな上品、落ち着いた雰囲気。若い男性より大人の男性に合う、かといっておじさんっぽいという意味ではない。良い香りがする男性は年齢に関わらずとにかく好印象、香りをもっと確かめたくて近寄りたくなる


 2位 … パーレックス アニマル フォーメン EDT



 3位 … ブルガリ ブラック EDT


口コミ 5年ぶりくらいに、購入しました。 他の商品も使ってみましたが、やはりこの香りが一番好きなんだろうと思います。毎日ではないけれど、気のおもむくままに使っています。



ブルガリあいかわらずの人気ですね。アニマル フォーメンは体が湿ったとき石鹸のような香りが立つ不思議な香水。
ブラックは個性的な香りで女性も愛用していたりします。

レディース香水ランキング ベスト3

 1位 … イヴ・サンローラン ベビードール EDT


口コミ ずっと購入したいと思っていたのですが、私には香りが甘すぎるのではないかと、ためらっていました。でもやっぱり欲しくて、こちらのショップはかなりお安くなっていましたので購入しました。甘すぎず、どこか1本芯の通っているところがあるような香りだと思います。でも、さわやか過ぎることもなく、その辺のバランスが絶妙なところが広く長く愛される理由なのだと思います。



 2位 … フェラガモ インカントチャーム EDT


口コミ たっぷり容量の100mlサイズでの購入はこれで2回目です。私は最初のトップノートよりも、少し時間が経過してからのミドルノートの柔らかでさわやかな甘さが好きです。前回購入した時よりも更に安くなっていたのも嬉しいな♪♪



 3位 … クロエ EDT


口コミ ずっと欲しかった香水。嫌味がなく誰からも好かれる香りだと思います☆“いかにも”な香りではなく女性同士でも「嫌われない」ところがいいです!



ベビードールは相変わらずのモテ香水のようです。インカントチャームは西洋と東洋が交じり合った神秘的な香りです。クロエは魅惑的で虜になるような香りです。

5. 香水にうるさい芸能人は誰だろう?


香水好きで話題になっているのは、GACKT でしょう。
彼の愛用している香水は、シャネルの「エゴイストプラチナム」が有名です。

かつて、GACKT カレンダー購入で、使用済み香水プレゼントなる企画もあったとか。

GACKT に限らず「芸能人と合うといい香りがする」という話はよく聞かれます。
そこで、芸能人愛用香水をいくつか紹介します。

三代目J Soul Brothers 登坂広臣 … ブルガリ オムニア クリスタン EDT
生田斗真 … ブルガリ ブループールオム EDT
小栗旬 … ゴースト EDT
藤原竜也、堂本光一 … ヴェルサーチ ブルージーンズ EDT
木村拓哉 … クローム アザロ EDT

山田優 … アナスイ EDT
米倉涼子 … イディスティラッティ ヴァイスヴァーサ EDT
堀北真希 … ジバンシー プチサンボン EDT
松嶋菜々子 … シャネル アリュール EDP
安室奈美恵 … ジョープ ナイトフライト EDT

これはめくるめく香水の世界のほんの入口にすぎませんが、いかがでしたでしょうか。
男性も女性も、他の人の迷惑にならないよう心がけながら、スマートに素敵に香水を楽しみましょう。



スポンサードリンク
 

 - ファッション