キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

暑いのは熊谷だけじゃない!ほかにもある埼玉の熱いスポット5選

      2016/06/17

Pocket

guriko guriko2 いよいよ 夏が近づいてきましたね!
暑いといえば・・・熊谷 館林 多治見
そもそも 熊谷で今世紀最大の暑さを記録したことから
この暑さ比べ始まりました 。

全国ネットのTVで熊谷の最高気温が発表されたことにより
ほかの市もいやいやうちこそ!
と名の地を上げてきたのがこの最高気温自慢でしょう。

そもそも人間にとっては、ちょっと辛いお話のようですが
なぜ熊谷・・こんなに暑くなってしまったのでしょうか?





 

1. なぜ 熊谷は暑いの?


 一つ目は、南風が都会で温められた空気を熊谷まで運んでくる・・・
  いわゆるヒートアイランド現象です。

二つ目が西風が秩父の山を越えながら吹き降りて、空気の温度が上昇する、
フェーン現象が原因と言われています。

でも、その暑さを逆手にとって町おこしを始めたのが熊谷市です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA360

2. 熊谷市は夏のお祭りが暑い!


その暑さの中、熊谷は夏祭りに力を入れています。

・関東一の祇園 熊谷うちわ祭

毎年7月19日から23日までの全5日間にわたり行われる祇園祭。

最初は、赤飯を炊いて厄除け祈願であったお祭りが赤飯の代わりに、うちわをだして
評判となり、熊谷うちわ祭となりました。

見どころは、20・21日の夜です。
沢山の山車が、合流して扇形に並び叩き合いをします。
駅の周辺ではうちわも無料で配布しているので、なくても大丈夫。
ただ、貰わないと暑くて逆に困ってしまいますよ。

熊谷うちわ祭30
熊谷うちわ祭2asakusa

熊谷駅周辺から通行止めになるので、ぜひ公共機関のご利用をお薦めします。
(JR高崎線 熊谷駅 秩父鉄道 熊谷駅下車)


3. 熊谷 花火大会


毎年、8月の第2週の土曜日に行われています。 今年度の詳しい情報はまだですが、ぜひチェックしておきたいイベントです。
場所は、熊谷駅から徒歩で荒川河川敷まで歩きます。
(通常は5分くらい) 打ち上げ数は 約1万発。

無題mamet
花火師による新作のコンクールやメッセージ付きの花火を上げることもできます。(有料)
愛の告白やプロポーズなど いろいろあって楽しいですよ。

有料ですが、桟敷席もありこちらはあっという間に予約でいっぱいになってしまうので マメにチェックをお薦めします。

ただ、昨年の人出は約30万人!
車で行くのなら、朝からそして帰りは翌日を覚悟しましょう。 こちらも公共機関のご利用お勧めです。

私も大好き!きっと嫌いな人はいないであろう出店の屋台も500店ぐらい並びます 毎年迷いどころですね。

ただみなさん!きちんとゴミ捨て場も設けてあります 指定された場所へきちんとゴミの処理もおねがいしますね。


暑い夏!暑い熊谷の夏を、楽しむために是非いらしてください。



4. 埼玉は見どころたくさん!



埼玉=「ださいたま」と昔はよく言われていましたが、(今は言われませんね) 東京のベットタウンとして多くの人が住んで、そして多くの施設があります。

中でも、埼玉スーパーアリーナは(若者はSSAと呼ぶそうです) さいたま新都心駅下車すぐにあり、多くのミュージシャンのコンサート、そしてスケートリンクに早変わりするディズニーオンアイスなどのショーが行われたり、はたまた高校受験のための説明会場になったりと、多種多様な顔もつ埼玉のランドマーク的存在です。

そして鉄道博物館は(JR大宮駅より鉄道博物館駅)もう みなさん訪れたことがあるでしょう?

20091005_2916985blog 


5. さらにおすすめスポット!


埼玉県北本市にある グリコピアイースト!
あの ポッキーとプリッツの工場見学ができるんです。
有料になりますが、ジャイアントポッキーにデコレーションができるコーナーを利用すればいいお土産になると思います。

top_titlematome
ちょっと 難があるのは予約制でること。

人気があるため、都合のよい時に予約を取るのは、少々難しいかもしれません。

特にこれから迎える夏休みは競争率が高いです!
行きたい方 頑張って予約を勝ち取ってください。

予約方法は、電話とインターネットです。
2名から予約可能です。アクセスは、圏央道 桶川加納ICより10分

JR高崎線 及び湘南新宿ライン 北本駅下車

タクシーまたは ケンちゃんバス北本駅東口発グリコ工場方面行きで行けます。


埼玉・・・まだまだありますよ~

埼玉西武ライオンズ 西武プリンスドームでの試合観戦や 狭山のお茶・ ととろの森など 紹介したい所がたくさん!

これは また次回のお楽しみということで・・・
では 、これから 暑くなる(熱くなる)熊谷に ぜひお越しください。


スポンサードリンク
 

 - 観光と散歩とグルメ