キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

今、自宅で抹茶をたてるひとが急増!でも粉末緑茶のことだと思ってませんか?

      2016/05/29


f01-122-02
まっちゃ
大人気!抹茶の世界。
なぜこんなにも人気なのか抹茶?かくいう私も、抹茶も、抹茶スィーツも大好き!
そんな 抹茶の世界を ひも解いてみましょうか・・・。





1. 抹茶の歴史


これは、なぜ人気なのか興味を持ち、そのルーツを調べたことだけな
のですが、紀元前2700年ごろ(・・・っていつ?)の中国遣唐使
や、留学僧が、唐より種子を持ち帰ったことから 日本にお茶という
存在ができたようです。

茶の粉末を 湯の中に入れかき混ぜる。
これを抹茶法といい、現代の「茶道」に通じたといわれています。

そして、この抹茶が健康志向がブームをよび、碾茶(てんちゃ)を
石臼で挽いて粉末状にしたものです。

口コミ 全然苦くなかったので、苦いのが好きな人には物足りないかも。でもおいしかったし、水へと溶けがいいので子供の朝のお茶に便利。

中国の甜茶とは別物で、リラックスや集中力を高める効果があると
され世界各国で 「MATCHA」として、共通語となりました。

もとは中国を起源とした「お茶」→今は日本から、世界へと輸出さ
れています。

2.緑茶と抹茶って一緒?


いえいえ、違いますよ。
抹茶とは、お茶の木を覆い下で栽培された生葉を揉まずに乾燥させ
→(これが碾茶です)茶臼で挽いて、粉末にします。

それに対して、緑茶はみなさんTVなどで観たことがあるかと思い
ますがパフォーマンスとして、てぬぐいに絣の着物姿で茶畑で新芽
をつむ姿、のちに手もみや機械で揉まれ、乾燥されたものが、緑茶
です。

同じお茶の木でも、栽培の仕方一つで、抹茶にも緑茶にもなってし
まうんですね。

3.気軽に抹茶を楽しむ


抹茶と聞くとあの着物姿でお茶碗をぐるぐるまわして、「結構な
お手前で・・・」のイメージ強くありませんか?

もちろん、茶道を習われている方など、きちんとした形式や手順と
いうものがあるかと思いますが、せっかく抹茶が好きなのに手順を
踏ないと飲めない・・なんて困りますよね。

もっと気軽に抹茶を・・・今現在、ブームにのっていろいろな抹茶
商品出ていますね。

でもあのお抹茶が飲みたい!という方には家でも、気軽に抹茶を楽し
める道具がちゃんとネットや、和食器を扱う雑貨店などで販売されて
います。

必要なのは 抹茶と茶せんとお茶碗は4000円ぐらいから、かわい
いセットで売られていたりしますので、要検索です。

口コミ 学校で茶道があり、前々から家でもしたいて言っていたので今回購入しました。早速、和菓子を用意して、美味しく頂きました。器も思っていた以上にいい感じでした。 初心者には十分満足出来るセットです。

茶碗だけに関していえば1000円以下からも気軽に買える茶碗から
上を見ると上限がないほど。

自分がおいしく飲めれば茶碗は値段で買わなくてもいいと思います。

フィーリングですよね。
難しい作法なしで気軽に楽しむのはありだと思います。

4.自宅で飲むおいしいお抹茶のつくりかたは?


抹茶2gに対して湯70mlが目安です。
もし、濃いめにしたいのであれば、抹茶5gに対して湯30ml程
で1度よく練って途中15~20mlのお湯をたしてかきまぜます。
これなら、自宅で簡単にお抹茶をいただくことができますよね。

世間一般では 京都 一保堂(中京区寺町二条)がお茶処としては
有名です。

日本で1・2を争う老舗です。
上林春本店は(宇治市治妙楽38)あのCMでお馴染みの綾鷹に使わ
れていることで、有名ですね。

その他にも宇治茶といえば、中村藤吉本店(JR宇治駅そば )
伊藤久右衛門(京阪宇治駅より徒歩)など、少々京都贔屓になって
しまいますが、お抹茶といえば、京都のイメージ強くありませんか。

抹茶スィーツといえば 京都と思ってしまうせいかもしれませんね。

私は 伊藤久右衛門店の 宇治抹茶ロールケーキが大好き!

宇治抹茶生チョコも、も~って感じで絶品です。

お取り寄せスィーツ初の方には、詰め合わせ6撰もおすすめ!

口コミ 大きさがわからず、きっと小さめなのかなぁ、と勝手な想像をしていましたが!
商品の箱も大きく、包装も母の日用にシールを貼って頂き中身にも期待。
開けたのを見せて貰ったけど、中身もたっぷり!
生チョコが美味しいとのこと。
喜んでもらえて良かった。
また機会があれば利用したいと思います。

ただこれは、私の個人的な好みなのでいろいろ検索してみてください。

⇒和スイーツが気になる方はこちら

でも一番は、京都に足を運んでいただくお抹茶がいいのですけどね。
お抹茶・・・ 奥の深―い飲み物(?)と表現するにはあまりに単純
かもしれませんが未体験の方はぜひお試しあれ。

スポンサードリンク
 

 - 食にまつわるはなし