キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

1日で長瀞のSLとライン下りを満喫しましょう!

      2016/05/14


長瀞

長瀞 は皆さまご存知かと思いますが、埼玉県の観光名所の1つであります 山のほうでありながら交通の便も比較的よく、お勧め観光場所をあげるときりがありませんのでここではメジャースポットだけをご紹介します。


スポンサードリンク
 





春には羊山公園の芝桜です


各局の TV でもたびたび紹介されご存知かと思いますが
その数は40万株以上見ごたえのある観光名所の一つとなっています。 ゴールデンウイークは混雑するかと思いますが見頃ですよ。
鉄道を利用するなら西武鉄道横瀬駅より徒歩1.4キロ程。
秩父鉄道御花畑駅より徒歩1.5キロ程ハイキングのつもりならすぐの距離です。 また帰り道は無料のシャトルバスが運行されています。
車を利用するのであれば関越自動車道花園インターから国道140号 皆野寄居バイパス利用25Km圏央道 狭山日高インターから国道299号を 約 39Km です。


夏秋には長瀞でライン下り


A コース(親鼻橋~岩畳)
B コース(岩畳~高砂橋)の30分コース こちらは大人1550円子供750円
C コース(親鼻橋~高砂橋)の60分コース 大人2900円子供1300円があります 駐車場はライン下り案内所に隣接しており ライン下り利用者は無料です。
ライン下りは天候にも左右されるので お出かけ前に HP にてチェックしてでかけまし ょう URL: http://www.chichibu-railwey.co.jp/nagatoro/access.html



冬には日本三大曳山祭の1つ「秩父夜祭」


屋台囃子を打ち鳴らしまちなかを曳き回される山車 毎年12月の2日3日4日に開催されます。
2日は宵宮(よいみや)お祭りを盛り上げるための前夜祭と思ってください。
3日の大祭(たいさい)午後7頃から10時頃までがピークとなります。
4日には流鏑馬(やぶさめ)」の神事が行われます。
行事の詳細や開催時間などは 毎年ガイドマップなどが発行されるので秩父観光協会などに問い合わせてみるとよいと思います。




そして、秩父鉄道の運行するSLご存知ですか? 毎週土日そして夏休みなどに運行される蒸気機関車は 毎年大変な人気を呼び 大人子供共に大人気です 熊谷駅を出発し三峰口までの旅。
乗車区間の切符と SL 座席指定券(720円)かSL 整理券(自由席。510円) みどりの窓口やびゅうプラザにて SL 運転日の1か月まえから前売り販売します 運よく当日に空席があるとSL 車内で販売してくれるそうです。

ライン下りも一緒に楽しみたい方


三峰口までSL の旅は楽しめませんが 長瀞駅で途中下車すると両方楽しめますよ 帰りの電車も 時刻表(秩父鉄道 SL 時刻表を検索してください)にあわせると 帰りも SL の旅が楽しめます。
熊谷駅までは公共機関のご利用をお勧めします。



これだけだは秩父の魅力は語りつくせませんが 私のお勧めは冬の三十槌の氷柱(みそつちのつらら) 岩清水が凍り作り上げられていきます。
秩父市大滝というところにあるのですがウッドルーフ奥秩父オートキャンプ場となっておりキャンプも楽しめる場所です。
今の時期は終了ですがこの冬 ぜひ お勧めのスポットです。
シーズンにはライトアップもあり温度や気象条件によって形が変わるので毎年楽しめることとおもいます。


スポンサードリンク
 

 - 観光と散歩とグルメ