キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

おいしいスイカを叩いて見分けるのはうそ?夏が旬の果物を生産者が語ります*

   

Pocket

42aesui
こんにちはー
今日は これからおいしい夏の果物について あれこれ語っちゃいましょう。
夏 イコール 暑い!
夏は気温が高いので、 梨やスイカのように解熱作用などがあるものが、旬な果物。
その中から、この夏は知識も入れて、おいしく食べられる果物を紹介しますね。





西瓜(すいか)


夏の定番 すいか。
ウリ科のつる性の1年草で、農林水産省では、「果実的野菜」として分類されています。

今さら知ってるよとお思いでしょうが、野菜なんですよね。

すいかは見ての通り、ほとんどが水分で形成され、なんと95%が水分とされています。

その水分のおかげで、利尿作用や腎臓病によいとされています。

種類も豊富で、果皮が黒い「でんすけ」や果皮が黄色い「太陽のスイカ」など
今や スイカは丸い・・・の常識まで覆し、四角や三角のすいかまで登場しています。

よくスーパーなどで見かける スイカを叩いている消費者のみなさん!
いったい何をたしかめているのでしょうか。

西瓜を作って○十年 私の実父ですが、父でさえ叩いてもわからないすいかは、わからない
と言うのに 素人のみなさんが・・・とどこか冷ややかな目で見ている私がいます。

でも 検索してみたら、書いてあるんですね「叩いてみましょう」と。

音の聞き分けは、ポンポンとボンボンだそうです。

私は、半素人なので、ポンポンと太鼓のように響きのいいものと思っていましたが、
まず、すみません。買ったことありません。

実父が作っていますので、うんちくは語れど、買ったことがないのです。

父曰く、おいしい西瓜の見分け(収穫期)は、蔓とすいかの結合部分で決める。

裏を見て、お尻の小さいもの。縞模様のはっきりしているもの。

音の隙間がないことだそうです(隙間があると 実にもすきまがある)。

みなさん、切ったときに中に素があいていた時、買う時の音どうでした?


梨(なし)


すいかと同様 解熱作用を持ち、実の約89%が水分と言われています。

風邪の予防に有効とされています。

酵素を含み、肉や魚と一緒に取ると効果的と言われています。

皮に近い方が甘みがあり、中心にいく程甘みがすくなくなっていきます。

おいしい梨の見分け方としては、少し扁平気味でどっしりとした、
皮に張りがありつやのあるものを選びます。

梨も種類が豊富。 まず7月下旬ころから「幸水こうすい」が旬を迎えます。

8月下旬ころからは「豊水ほうすい」、9月中旬ころから「新高にいたか」が旬
を迎えます。

その他「二十世紀」、「長十郎」などがあげられます。

そして わが埼玉県が誇る「彩玉」。
元は新高と豊水の掛け合わせですが2005年に品種登録されました。1つの梨が500g程と実りが大きく、食べごたえのある梨です。

今年はぜひ1度ご賞味ください。お薦めです。


嫌いな人がいないのではないかと思うほど、その色、香りと共に魅了する桃
食物繊維ペクチン、ポリフェノールを豊富に含み、便秘予防、大腸がん予防
美肌、二日酔い予防と利点もたくさん!

おいしい桃の見分け方としては、色がはっきり全体に広がっている。

色付けの部分に白い斑点のあるものがおいしいとされ、全体に産毛のあるもの
甘い香りがたっているもの、スーパーに表示があれば 糖度11%以上の物がお薦めです。

桃は肌が繊細なので、触って確かめるのはNGです。

ラッピングされていても近くに寄ってみると、甘―い香りが漂ってきます。

メロン


アンデスメロン。
今や誰もが聞くメロンの名前ですが、種苗会社の「サカタのタネ」が発売するとき
「安心ですメロン」→メロンは真ん中の芯(種の部分)を取って食べることから
「安ですメロン」→アンデスメロンと命名。

ちょっとシャレが効いてますよね。

カリウム、鉄分を多く含み、高血圧予防になると言われています。

選び方としては、大きすぎず小さすぎず、地面についたまま生育していないもの
網目が均一に左右対称に(均等であるほど良品)入っているものとされています。

メロンも農林水産省では、果実的野菜と分類されています。

葡萄


ブドウ糖、果糖を多く含み、疲労回復に効果的。

皮には、アントシアニン、ポリフェノールを含んでいます。

選ぶ基準は、色が濃く張りがある。表面に白く粉を吹くもの(ブルーム)。

枝色が緑色の切り口が新しいものです。

実が隙間なくついているものを選びます。

ブルーベリー


東京小平市、山梨北杜(ほくと)市、茨木つくば市が三大生産地と言われています。

言わずと知れたアントシアニン、ビタミンEを含み、目の疲労回復、視力低下を向上させる
また骨粗鬆症(こつそしょうしょう)の予防にもよいとされています。

選び方は、粒が大きく張りのあるもの。表面に白く粉を吹いているもの(ブルームと言います)。

ブルーベリーは園芸用としてもお薦め。鉢植えや庭先に植えても、簡単に楽しめます。

ドラゴンフルーツ


あまりメジャーな果物ではありませんが
なんと!私が趣味で育てている果実なのでご紹介しますね。

遡ってしまうと、サボテンの実なのですが、一度収穫してしまうと追熟しないので
あまり流通数は多くありません。高血圧予防などが謳われています。

マグネシウム量は果物の中でピカイチ!
歯や骨の形成などに役立っています。さっぱりとした味で流通している物は甘みが少なかったりするので、サラダやヨーグルトに、またはジュースなどに適しています。

このドラゴンフルーツの花、夜に白い大きな花を咲かせます。まるで月下美人のよう!
私も初めて見たときは 感動ものでした。

このフルーツ 自宅で栽培可能です。少し大きめの鉢が必要ですが、家で栽培すれば
立派な花も、甘みが出るまでの収穫も可能です。

どこで売ってます?埼玉県の「道の駅よしみ」内にある JA農産物直売所を訪れてみましょう。たまに販売されています。あるかどうかは、その時の運次第。

どうしても欲しいと思ったら職員の方に聞いてみれば、もしかすると生産者に連絡を取ってくれて、手に入るかもしれませんよ。

さていかがでしたでしょうか。
夏は暑いけれど、おいしい果物もたくさん!ぜひ堪能してください。

スポンサードリンク
 

 - その他カテゴリー