キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

なぜ流しそうめんがあるのに流しそばがないの?蕎麦の意外な事実!

   


soba
五月になり、コンビニをのぞくと冷やし蕎麦がでてきましたね。
蕎麦が大好きなかたは、これからの時期は楽しみなのではないでしょうか?
昔から日本人に愛されている蕎麦。
筆者が、「蕎麦にはいろいろな種類がある」ことがわかったのは大人になってからですが、この種類ひとつひとつに意外な顔があるんですね。
今回は、この蕎麦についてまとめてみました。





1.蕎麦の生産地ベスト3は?


蕎麦の栽培は、全国どこでも行われていますが、平成25年度都道府県別収穫ランキングでみてみると、

1位 北海道    15100トン  
2位 長野      2680トン
3位 茨城      2150トン
でした。

北海道が長野の5倍以上の生産量があるとは意外でした。

蕎麦は種まきから収穫まで60~90日と短く年2回の収穫も可能です。
昔から、蕎麦は、凶作に備える作物としても活躍してきました。
近年では、蕎麦の健康効果もあり人気上昇中です。


2.蕎麦の種類のちがいは?


蕎麦には、粉のすり方や、作る蕎麦粉の量や種類によっていろいろな呼び方があります。
ここでは、よく聞く、十割そば・藪蕎麦・更科・田舎蕎麦についての特徴についてお伝えします。

十割蕎麦は、 つなぎを使わない100%蕎麦粉を使った蕎麦です。

つなぎがないので、蕎麦そのものを味わえます。
でも、筆者は、「作るの大変だろうなあ」なんて思ってしまいます。

なぜなら、つなぎがないためうまく、まとまらないからです。

次に、藪蕎麦そばですが、蕎麦の実を甘皮がついたまま挽いたそば粉を使った、うす緑色のそばを言います。

そして、更科、これは 一番粉を使った蕎麦です。よくお蕎麦やさんの屋号にもなっていますね。

最後に田舎蕎麦ですが、更科蕎麦、の対局にあるもので、白く細い繊細な更科蕎麦に対して、太めの蕎麦らしい味わいの濃い蕎麦を言います。
要するに蕎麦の太さと色による、おおざっぱな区別であります。


3.人気のご当地蕎麦は?


ご当地蕎麦は全国各地にたくさんありますが、評判の蕎麦をネットのランキングでみてみると、

長野 戸隠そば
img106048922
山形 板そば
s_002t
島根、出雲そば
2402
岩手 わんこそば
201171663553EzmKz
福島 山都そば
2d1a442594a8340ed5d4181c23b052b71280866a_29_2_9_2
福井 越前そば 
img46720860
北海道 十勝そば 
2467997
栃木 粟野そば
64
茨城 常陸秋そば
20160106  

があげられました。

どの県も蕎麦の生産の多い県です。
さすがに長野はダントツのようですが、その他の県も検討しています。
その土地ならではの蕎麦があり、その味を求めて県内外から来るお客さんも少なくないそうです。

今は、各地方に道の駅ができており、そこにはご当地の蕎麦や蕎麦粉が売られていることも多く、人気があるようですね。




4.なぜ流しそうめんがあるのに流し蕎麦はないの?

 
そうめんは小麦粉を原料としており、調理をしても比較的もちますが、蕎麦は、調理すると短時間でのびてしまう性質があります。

そのため、流しをすると、水分がしみてしまい蕎麦そのもののうまみを損なってしまうからではないでしょうか?

そういえば、「蕎麦を注文したら、たとえ友人等の同席者がいても、
蕎麦が運ばれたら遠慮なくすぐに食べな~」とよく言われましたね。



5. 蕎麦を自宅で打つにはどうすればいいの?


ここは、筆者の体験談としてまとめてみました。

まず準備ですが、
そば打ちの道具に欠かせないのが、めん棒です。これは、リーズナブルなものがホームセンター等で売っています。これだけはそろえた方がよいでしょう。
それ以外は、打ち台はテーブルで、こね鉢はボウルで代用できます。
その他包丁、エプロン、髪かぶり等を準備します。




あとは、材料を購入します。
 
そば粉、小麦粉(つなぎ)、打ち粉(そば粉を使う)です。つなぎに山芋等を使うかたはそれも準備します。

作り方
(1)ボウルに蕎麦粉と小麦粉を入れ、指先を回しながらまぜます。
   (割合は十割、二八、三七、四六等お好きな物を、
    経験的には1回につき400g前後が作りやすいです。)

(2)用意した水を加えます。粉の量の半分が目安です。指で手早く
   上下を入れ替えながらまぜます。時間をかけすぎないように。

(3)パン粉のようになったら、指先で水を数滴加えてこねると蕎麦同
  士がくっつく時がありますので、それを確認しながらまとめます。

(4)全体に湿り気がでたら、この後の水は慎重にしてください。
   手をしめらせるだけでも十分な場合があります。

(5)鏡餅のように丸めます。

(6)そこに、打ち粉をかけて、めん棒でのしていきます。
  (ピザ生地のように、そして、できるだけ同じ厚さで、
     きれいな丸型~四角型になるようにのします。)


(7)ある程度までのばしたらたたみます。
   (包丁の長さ以下の幅でたたんでください。)

(8)包丁で切ります。

(9)鍋でゆでて(時間は1分前後)、
   水でしっかり洗ったらできあがりです。



いかがでしょう?イメージできましたか?
室温、湿度に敏感な蕎麦打ちです。手の温度でも影響をうけますので、慣れたら手早く作業をすることがポイントです。

最初は、二八蕎麦でも難しかったです。

なかなかまとまりませんでした。初心者は、三七か四六の割合で、少し蕎麦粉の量を減らして始めてもよいかもしれません。

「挽きたて、打ちたて、ゆでたて」を「蕎麦の三たて」と言います。

蕎麦は劣化が早いからこういう言葉が出たのだと思いますが、ぜひ手作りをして、ささっと食べてみてください。ホントにおいしいですよ!



スポンサードリンク
 

 - 食にまつわるはなし