キニナル

普段の生活でちょっと気になることや、役に立つ面白い情報をお届けするブログ

なぜうつ病になるのは女性が多い?違いは脳にありました!

   

Pocket

落ち込む女性(画像)ss
うつは、日本で年々増加傾向にある病気です。はっきりとした原因は未だ不明ですが、
うつ病の原因は一つではありません。
脳で働いている伝達物質の働きが悪くなったり、ストレスや体の病気、環境の変化などの
さまざまな原因が重なり発症すると考えられています。
女性のうつ病には、女性ならではの原因もあります。女性のうつの原因、症状、チェック法
などを紹介します。








男性の2倍!? うつになりやすい女性の脳


女性の脳は「マルチタスク」であるといわれています。同時に色々なことを考えられる脳です。
仕事や家事をしながら子供のことを考えたり、電話をしながらテレビを見たりしたことはあり
ませんか? 「当たり前じゃないの?」と思う方もいるかもしれません。でもそれは、
あなたが女性だからです

男性の脳はそうはいきません。男性の脳は「シングルタスク」。つまり、一度に一つのことしか
できないのです。仕事に集中した途端に態度が冷たくなったり、趣味に没頭して子守がおろそかになる姿にイライラ
したことはないでしょうか。

それに不満を訴えても、男性はポカーンなんてこと見に覚えがあるかもしれません。
何に対して怒られているかわからない人が多いのです。そう、女性と男性は脳の使い方が違うのです。

毎日がハッピーであれば問題はありません。何かの影響でネガティブなことを考えてしまうこともありますよね。
そんなときも女性の脳は「マルチタスク」なのです。ありとあらゆるストレスを思い出してしまいます。
これを脳機能学的ストレスといいます。

女性ホルモンはデリケート


女性のうつを語るときに、女性ホルモンのことを語らないわけにはいきません。
女性ホルモンは女性の感情に甚大な影響をもたらします。女性ホルモンが変動することで、
生理的にも社会的にもうつ病になりやすい要素を抱えてしまいます。

思春期の女性のうつ病


思春期の時期、体は女性らしい体型に変化し、初潮とともにエストロゲンとよばれる女性ホル
モンの分泌量が急激に増加します。

しかし、ホルモンを分泌する卵巣は未成熟。
そのためホルモンバランスを崩しやすく、うつ病発症の一因になることがあります。

思春期のうつ病は気分が落ち込むだけでなく、怒りっぽくなったり自傷行為を含んだ暴力行為
に身を投じたり、独特の症状をみせることがあります。
うつ病が不登校や引きこもりの原因担っている場合もあります。

月経前症候群(PMS)、月経前不機嫌性障害(PMDD)


排卵後から月経終了までの間、下腹部痛、腰痛、むくみ、だるさなどの身体症状、憂鬱感や
イライラなどの精神症状があらわれる状態をいいます。
PMDD は PMS より精神症状が強く出ることが特徴です。
これによって引き起こされる強い抑うつ状態が、うつ病の原因になることがあります。

マタニティブルー(産じょく期うつ病)


産後間もなくあらわれる不安や情緒不安定なる精神状態を「マタニティブルー
(産じょく期うつ病)といいます。
不眠や抑うつ、不安感などが主な症状ですが、これは10日ほど経てば自然に回復します。

しかし、この症状が1カ月以上続くケースでは産後うつといったうつ病に発展することが
あります。

更年期障害


加齢や閉経などが原因で、卵巣から分泌される女性ホルモンが低下します。
エストロゲンの分泌量が急激に減ることで、ホルモンバランスが崩れて感情のコントロールが
しにくくなります。
これはホルモンの変化に慣れることで自然に治るといわれていますが、ストレスが多かったり
すると「更年期うつ」を合併することもあります。

この他に原因として考えられることは「完璧主義」である「気配りができる」などの性格的
要因、家庭や職場、学校でのストレスなどです。

うつ病セルフチェック


気分が落ち込んだりやる気が出ないことは誰にでもあることです。
では、どこからが病気なのでしょうか?

1. 朝気分が悪く、夕方過ぎになって気分が上がってくる
2. 夜眠れないことがあるもしくは異常なほど眠い
3. 食欲があまりないもしくは食べ過ぎてしまう
4. 性欲がわかない
5. 今までできていたことが面倒になり、興味や喜びすらわかない
6. 気分が落ち着かない、イライラする
7. 自分の存在価値は全くないと思う
8. 死にたいと思ってしまう

1~9の中で4つ以上の項目が2週間以上毎日のように続いている場合は、すぐに医師に相談して
ください。また2つ以上当てはまった方はうつ病予備軍の可能性があります。



2週間を待たなくても、これらの症状がつらいときはうつ病の可能性があります。
うつ病は適切な治療を早期に行えば治る病気です。
早めの受診をおすすめします。


気になったら病院へ行こう!


「うつ病かも?」と思ったら、ぜひ病院へ足を運んでみてください。
心の病気を診てもらうには、精神科、神経科、心療内科をおすすめします。

どうしても行きづらい場合は、内科でも相談に乗ってくれるところがあるので、一度かかりつけ
の医師に相談してみるのもいいかもしれません。

精神科や心療内科というと特別なイメージを抱きがちですが、いたって普通の病院です。
初診にはうつに至った背景を聞かれることもありますが、通常は問診をして投薬指示をしてもら
う程度です。がまんするのはやめて、病院へ行きましょう。

うつ病は治療を受ければ治る病気です。適切な治療を早い時期に行えば、一般的に半年~1年ほど
で回復します。治療の基本は休養と薬物療法です。
また、最近のアメリカでの研究では、有酸素運動が改善に効果があるとされています。

口コミ 穿きやすく、お値段以上かと思います。今は太っているので(笑)これから体操したら、このサイズでは、だぶつくことを祈ります。


口コミ 仕事で必要になり、数年ぶりにスニーカーを購入しました。
昔から私の足にはニューバランスの24.5cmが合うので、今回も同じサイズを選びました。甲高幅広なので、履くときは頑張らないといけませんが、履いてしまえば楽です。他の方のレビューで「ワイズが広め」とありましたが、本当にその通りでとても助かります。 一日歩いても靴擦れはなかったです。お色は黒を選びましたが、ロゴやクッションが白っぽいので地味になりすぎず、理想的な色でした。
お値段も安いので、立ち仕事などでスニーカーが欲しい方にはオススメです。




うつと暮らす


うつ病の大きな原因の一つが自分の生まれ持っての性質であるといわれています。
性格を変えることは簡単ではありません。「まじめ」「几帳面」「完璧主義」などの性格を自覚
して、普段から無理のない生活をしましょう。
性格を自覚することで、ストレスの原因を避けられる可能性が高まります。

何事も「八分目」。頑張りすぎずに余裕を持った生活をしましょう。
一人で抱え込むのも NG です。
信頼できる家族や友人に相談しましょう。

とはいっても、信頼できる人を見つけるのは大変ですね。
でも、無理に自分を理解してもらおうとはしないでくださいね。

とにかくマイペースに。意識してリラックスするようにしてください。

女性はいつも大変だ


うつの要因は本当に様々で、これも原因の一因にすぎません。
けれど、だいたいの仕組みはわかっていただけましたでしょうか? ここにも書いた通り、
うつは病気であり治るものです。

治るまでは山あり谷ありですが。うつになったら一人で悩まずに病院に行きましょう。

うつにならなくても、ゆったりと余裕のある生活はおくりたいですね。



スポンサードリンク
 

 - 人の悩み